ご来場頂きました皆様、誠にありがとうございました。舞台「恋と革命」キャスト・スタッフ一同

またお会いできる機会を楽しみにしております。

世界を敵にまわしても、罪深き女を愛する…目を逸らしたくなるほど禁忌で、透きとおるほどに純粋な革命が今、始まる―。

2008年、「わたしたちの教科書」により第26回向田邦子賞受賞した脚本家の坂元裕二は、「東京ラブストーリー」「太陽と海の教室」などの代表作を持つドラマ脚本家の旗手。その坂元裕二が、1992年に作・演出、高橋和也主演で上演した作品をベースに、新たに書き下ろしたのが2009年版「恋と革命」である。
演出するのは映画監督の松浦徹。テレビドキュメンタリーを中心に活動し、2006年公開「ギミー・ヘブン」で劇場用長編映画デビューを飾った新進気鋭の映画監督は、今回初めて舞台の演出に挑む。
主人公の村雲武彦を演じるのは桐谷健太。「ゲロッパ!」で映画デビューし、テレビドラマ「ROOKIES」での好演も記憶に新しい。その確かな演技力にドラマ・映画界が注目を寄せる桐谷健太は今回が舞台初出演にして初主演。
そして、ヒロインの長谷部四季役には中村ゆりを迎える。映画や舞台でその才能を余すことなく発揮し、映画「パッチギ! LOVE&PEACE」のキョンジャ役では、観客に強い印象を残し、世界的な演出家ロバート・アラン・アッカーマンもその才能を見初め、主演舞台「1945」は話題となっている。
現在最も勢いのある作家、演出家、俳優による「恋と革命」どうぞ、ご期待下さい。

ストーリー

GHQ占領統治下の日本。軍需産業を一手に引き受け、日本を戦争へと導いたA級戦犯・村雲武道の子息、村雲武彦には思いを寄せる女がいた。
軍中枢部の子女として生まれながら軍部機密をアメリカに流し、日本を敗戦に追い込んだ女、長谷部四季には幸せに背を向けなければならない理由があった。
出会いと共に視線を絡ませあう武彦と四季。ただただ盲目的に四季への愛を突き通す武彦。武彦の愛を遠ざける四季。盲目の愛に溺れる武彦に思いを寄せる許嫁の雪恵と、女郎の朱音。それぞれ四人の一方通行の愛の感情が絡み合ってゆく。
そこへ日本を敗戦に追い込んだ女スパイへの復讐心に燃える自称革命家、蓮見光悦が現れ、五人の運命が大きく動き出す……

スタッフ

脚本:坂元裕二(「東京ラブストーリー」「太陽と海の教室」他)
演出:松浦徹(映画「ギミー・ヘブン」監督 他)

【出演】

村雲武彦 桐谷健太
長谷部四季 中村ゆり
蓮見光悦 藤浦功一
花清 滝佳保子
朱音 水野絵梨奈
戸芝雪恵 佐久間麻由
式場荘吉A 佐々木卓馬
式場荘吉B 川畑和雄
流しのヴァイオリン弾き 望月明香(ヴァイオリン)

【スタッフ】

舞台美術 仁平祐也
舞台監督 高橋淳一
音  楽 吉澤友美
衣  裳 宮島尊弘
音  響 高塩 顕
照  明 上川真由美
演出助手 北川翔子
制  作 G-up
制作協力 劇団制作社
宣伝美術 NY FLIP
主催・企画・製作 MAパブリッシング

スケジュール&チケット

■スケジュール
2009年1月21日(水)〜2月1日(日)※全16ステージ
January 21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
2/1
14:00            
19:30    
■劇場
赤坂RED/THEATER
〒107-0052 東京都港区赤坂3-10-9 赤坂グランベルホテルB1F
丸の内線 銀座線 赤坂見附駅より徒歩2分
千代田線 赤坂駅(2番)  より徒歩6分
■公演情報掲載WEB記事
毎日jp 1月23日配信
Yahoo!ニュース 1月24日配信
MSN産経ニュース 1月24日配信
イザ! 1月24日配信
■お問合せ先
株式会社MAパブリッシング
TEL:03-5725-0233 FAX:03-5725-0232

コメント

「人間は、恋と革命のために生まれてきたのだ」
『斜陽』を読んだ時、大きく心が頷き、そして騒いだ。

“恋”…初めて耳に、目に、した時から胸躍る言葉である。
そして“革命”この言葉に血が騒ぎ、心騒ぐ人も少なくないのではないか。
…少なくとも僕は、血が騒ぎ、奮い立つ。
僕自身、国家や体制にむけられるものでなく、自らの内へと向う革命の炎は消さず、恋の泉は涸らさない、いつまでも…そんな想いでいる。

この『恋と革命』は〜学習院大学の校舎裏〜というサブタイトルで、
1992年に坂元裕二作演出で一度上演されている。
今から、17年前僕はその公演を観ている。
まさに大きく心が頷き、騒ぎ、そして涙を流した。
そこには、「正義とは何か」、「幸せとは何か」と悩み生きる青春時代に出逢い、
心に一筋の光を射す映画や小説のような…
また仲間に想いを馳せた時、触れる者たちを傷つけた時、恋に破れた時に
自分の感情をオーバーラップさせる歌の歌詞のような…
きらきらと光り輝く幾多の台詞が散りばめられていた。

17年前、その『恋と革命』に、
また公私ともに親交をもつことになった坂元裕二に、
出会う事がなかったら、良くも悪しきも僕の今は変わっていただろう。
だから、その作品に今回携われるということは、幸せであり、試練だと思っています。

この良質な坂元裕二の歌詞の世界を、役者達が瑞々しい歌声で、謳いあげてくれれば 幸せです。

演出 松浦徹

恋と革命
恋と革命